フレームで作品を作るために用意するものと作り方

レジン
  • UV-LEDレジン液
  • フレーム
  • マスキングテープ
  • クリアホルダー
  • 封入用パーツ
  • つまようじ
  • ピンセット
  • LEDライト
フレームでの作品の作り方
  • クリアホルダーの上にマスキングテープの粘着面を上にして台を作ります。
  1. フレームの枠をマスキングテープの台にしっかりと貼り付けて固定します。
  1. フレームに底を作るため、レジン液を少量入れてつまようじで全体に行き渡るように広げます。
少量のレジン液を流し入れます
フレーム全体にレジン液が行き渡るように広げます。気泡が入ってしまったら取り除きます。
  • LEDライトで1分ほど硬化します。
これでフレームの底が出来ます。
  • 底が出来たらレジン液をフレームの8分目まで流し入れ、つまようじで全体に行き渡るように広げます。
  • 封入用パーツを配置し表面を整えます。
  • LEDライトで1分ほど仮硬化します。
  • 最後にフレームいっぱいまでレジン液を流し入れ、表面を整えます。
  • LEDライトで3分ほど完全に硬化します。
  • 仕上がった作品をマスキングテープから外すと裏面が曇っているため、裏面にもレジン液を少量塗ってLEDライトで3分ほど硬化します。
    これがコーティングの作業です。
  • 表も裏もつやつやになれば完成です!

作品の表面ををぷっくりするように作りたい場合は、レジン液を少量塗って硬化する作業を繰り返すと良いでしょう。
また、作品がべとついたり透明感が足りない場合もレジン液を少量塗って硬化する作業を一度行うと綺麗に仕上がります。

PAGE TOP